エアコンの役割

夏も冬も快適な室温にするために、欠かせないのがエアコンです。単純に「快適な空間を用意するため」というだけではなく、「人間の健康管理のため」にもエアコンは重大な役割を果たしています。

エアコンを個人で取り付ける場合と業者に依頼して取り付ける場合の違い

全てを自分で行うDIY作業

エアコンを個人で取り付けようと思うと、必要な道具を揃え、エアコンや周囲に傷をつけないように配慮しながら、慎重に作業を行う必要があります。費用面では安く抑えられるケースも多いですが、実は失敗に終わってしまうケースも少なくありません。

安心してお任せできる業者作業

多少費用はかかりますが、依頼すればあとはすべてお任せできるのが、業者作業の特徴です。大阪には数多くのエアコン取り付け業者がありますし、難所へのエアコン取り付けも相談に乗ってもらえます。

エアコンの取り付けは業者に依頼

エアコンの取り付け作業は、自分で行おうとすると非常に負担が大きくなってしまうことも考えられます。エアコンを壊してしまうリスクも踏まえて、最初から専門業者に依頼するのがオススメです。

業務用エアコン選びで注意したいポイント

エアコン

最適な馬力の機種を選ぶ

業務用エアコンを選ぶときには、目的に合わせてピッタリの馬力の機種を選ぶことが重要です。業務用には1.5馬力から20馬力のものまでそろっています。どのぐらいの広さを冷暖房するのかで、必要なパワーが違ってきます。

設置に適した形を選ぶ

業務用エアコンには、天井カセット型や天井吊り型、置き型などさまざまな形が揃っています。効率よくエアコンを働かせるためには、場所選びも重要なポイントです。設置できるタイプはどれなのか、慎重に選びましょう。

店舗の業種や業態にも注意して

業務用エアコンに必要なパワーは、主に冷暖房する部屋のスペースによって変わってきます。しかし中には、さまざまな事情により、大きなパワーが必要となることもあります。たとえばラーメン屋などでは、室内の温度は高くなりやすいですから、少し大きめのエアコンを導入した方が良いでしょう。

電源についても要確認

業務用エアコンの電源は「単層200V」もしくは「三相200V」という設定になっており、家庭用のそれとは異なる可能性もあるので注意しましょう。単層で対応できるのは、3馬力までのエアコンのみです。それ以上は、三相の電源を用意してください。

電力会社との契約プランも見直しを

業務用エアコンを導入し、長時間使用をする場合には、使用電力が増加すると考えられます。エアコンの馬力が大きければ大きいほど、その影響は色濃くなってしまうでしょう。必要に応じて、電力会社との契約見直しも必要となります。

エアコン取り付けをプロに依頼する理由を知って任せよう

クリーニング

エアコン工事の申込方法

家庭用エアコンや業務用エアコンのどちらも、エアコン工事の申し込みはエアコンの購入と同時に行う方法が一般的です。ただ、家庭用の場合、インターネットや通販で「本体のみを購入した」ということもあり、そういった場合は、自分では難しいために別途エアコン取り付け業者に依頼をするのが基本となります。インターネットなどで、申し込みをすることが可能で、大阪にも作業を請け負う会社は多くあるでしょう。

エアコン

エアコン工事にかかる費用

エアコン工事を業者に依頼する際に気になるのが、工事費用についてです。エアコン取り付け工事では、標準取り付け工事が10,000円前後であるケースが多いようです。ただし「高所への取り付け」や「配管カバーのグレードアップ」「配管の取り回し」など、特殊な事例の場合工事費用もアップします。数万円単位でアップすることもあるので、事前の確認が重要です。

広告募集中